繋がり感を持たせた壁、心地よさを感じさせる壁、天井の連続性。
そんな壁と壁に丸みをつけると輪郭が柔らかくなり、ゆるやかな光の変化と連続性を感じることができます。
又、壁と天井を化粧縁で区切らない方法で仕上げると天井との壁の境が穏やかになり
天井も壁も調和して室内の全てが穏やかになり精神的な心地よさを知らず、知らずに感じることでしょう。
 
 
オーガニックハウスは床の延長が壁であり、壁の延長が天井であると考え、直交する部分の強さを意識的に弱め、あいまいな部分をつくりました。このあいまいな部分が天井と壁、壁と壁の連続性を表現しています。
重要なことは、この丸みが大きすぎたり、小さすぎたりしても連続性や柔らかみを失ってしまうという事です。この丸みの大きさは空間の大きさで決めなければならないという事です。
オーガニックハウスのデザインコードはこの曲率を空間の大きさ、作品のコンセプトに応じて全て心地よさを感じるように決めています。
 
 
 
 Home  コンセプト  スタイル  テクノロジー  会社概要  お問い合わせ 
 フランク・ロイド・ライトについて 
 
□ 川上建築のホームページ  □ オーガニックハウス・オフィシャルサイト
株式会社 川上建築
〒880-1106
宮崎県東諸県郡国富町大字森永1659番地1
TEL 0985-75-4893  FAX 0985-75-4894