ブログ新着情報
 
TOPページ > 他の会社とどこが違うの?
 
「コミコミ」とは、建物本体以外に屋外給排水工事費・仮設工事費・照明器具・
カーテンレール・建築確認申請費・そして消費税までを全て含んでいるという意味です。
だから、その家は蛇口をひねれば水もお湯も出る。
スイッチを入れれば明かりもつく。
ご飯もすぐ炊けるし、お風呂もすぐ入れる 。

つまり、あなたが引渡しを受けたその日から
そこで生活が始められる状態にするまでの価格ということです。

もちろんオプションがまったく無いということではありません。
「あれば便利だけど、無くても困らないもの」
簡単に言うと「ぜいたく品」をオプションとして選べるようにしています。

驚かれるかもしれませんが、実は住宅の価格の表示方法には決められたルールがありません。
どんな表示をしても構わないのです。
それを逆手にとって多くの住宅会社が価格を安く見せるために
「必要なもの、無ければ生活が出来ないもの」までオプションとして別途表示しています。

「あなたも坪25万円でマイホームが持てます!」と広告に大きく書いてあるのに
40坪の家が1000万円でなく、なぜか1600万円になるのが現実です。

そんな、取りあえずの建築費を安く見せ、あとから追加工事やオプションで
お金をまきあげるようなやり方は間違っています。

「最終的に生活を始められる状態にするといくらになるのか?」
フリーダムホームはそれを明らかにします。入口価格に惑わされてはいけません。出口価格(最終お引渡し価格)が一番大事です。
「見学会に参加すると、その日から夜討ち朝駆けの営業が始まるからイヤだ」と
言うお声をよく耳にします。どうかご安心ください。

私共でお建ていただきたいのは山々ですが、それはお願いいたしません。
なぜなら、住宅は売り込むものではなく、消費者の方が自由に選ぶものだからです。

私たちは、お客様から「おまえに頼むよ」とおっしゃっていただける、
そんな家づくりを続けていきたいのです。
私たちは、良い家をつくり、それをお客様に見ていただくこと。それしかできません。

ですから、どうぞご安心くださいませ。
どうか、私共の見学会で、正しい知識をお持ちになり、どこでお建てになられるにせよ、
家づくりを成功させてくださいませ。
家づくりはお施主様と住宅会社の信頼関係が無ければ絶対に上手く進みません。
また同じ住宅会社で家を建てるとしても担当する人間が誰なのかによって、
その結果はまったく違うものになってしまいます。
我々はその責任の重さを充分に自覚しなければなりません。
お客様が命を担保にして建てる住まいを任せていただく覚悟、
お客様の疑問や不安に心の底から共感する優しさ、
それが無い人間に家づくりをする資格はないのです。

だからフリーダムホームの社員はこの10ヶ条を胸に刻み込んでいるのです。
  フリーダムホームでは完成現場だけでなく、
建築中の現場も全て包み隠さずお見せしています。

どの現場をどの状態でご覧頂いても恥ずかしくないという自信があるからですが、もちろんそれだけではありません。

家づくりを真剣に検討されるお客様が一番しなければならないのは、やはり最低でも3社3回の現場見学会に参加し、実物を確認することだからです。
 
カタログは良く見えるようにつくられています。
営業マンは良いことしか言いません。
でも現場はウソをつきません。

あなたの一生に一度の家づくりを任せるに値する業者かどうかを
ご自身の目でしっかり判断してください。
 
 
家は人がつくるものです。
人がつくる以上、絶対に失敗が無いとは言えません。
だからこそ万全を期すために、そしてお客様に安心して生活していただくために
フリーダムホームでは第3者機関による保証制度を導入しています。

家は建てて終わりではありません。
日頃の適切なお手入れをによって、新築時の良い状態を長く保つことが出来るのです。
 
 
 
 

Copyright 2014 Kawakami Kenchiku All Rights Reserved.
ウェブデザイン・アプリー
ハーモニー
ブログ1
ブログ2
ブログ3
リンク
リンク1
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5